読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福の物理

みんなに物理と工作と幸福をお届けするのだァ~!

東工大ものつくりサークル対象Fusion360講習会に参加した

東工大Fusion360講習会が行われた

3時間の講習で習った操作を使って描いたのがこれである。
f:id:shitaro2012:20160819235350p:plain
題して「形而上学振り子」。
曲がったものと角ばったものが同居でき、さらにレンダリングまでできるのだからすごい!

 東工大石川台地区某所でAutodesk社によるFusion360講習会が行われた。
Fusion360とは、CAD(角ばったものを描いて図面に起こしたりするもの)とモデラー(3Dゲームでよく用いられる、曲がったものを描くもの)を足し合わせたお得なソフト、らしい。
www.autodesk.co.jp

 実は、CAD自体はAutodesk社のInventorというCADを以前から使ったことがあった。
shitaro-happy-physics.hatenablog.jp
今回初めて触ったFusion360はInventorと同じ操作が可能で、特にストレスなく使用することができた。

 3時間の講習では、Fusion360の基本理念とUIの簡単な説明、基本的機能の紹介が行われた。
曲がったものが簡単に描け、それがCNCフライスや3Dプリンターに直接出力できてしまうところに驚いた。
もしかしたら、すごく便利なものなのかもしれない。

f:id:shitaro2012:20160820001028j:plain
講習会参加賞としてFusion360のショートカットキーが刻印されたシールをもらいました!
これでバリバリ使える?黒いのはMacユーザー向けだそうな。

今後はこれを使って3Dプリンターを活用したいなあ。